閉じる

福地ホワイトとは

福地ホワイト六片種とは

福地ホワイト六片種とは、にんにく生産量日本一である青森県で栽培されている、にんにくの品種のひとつです。
原産地である青森県福地村(現 南部町福地地区)、そして雪のような美しい白さから「福地ホワイト」と名付けられました。日本を代表する最高級品種のブランドにんにくです。

※福地ホワイト六片種は1玉が6片に分かれてるという意味ではありません。1玉平均4〜6片になります。

最高級品種にんにく 福地ホワイト6片の畑

福地ホワイト六片種の特徴

1片が大きく、色は雪のように白く、表面に張りがあり実が引き締まっているのが特徴です。1玉に、平均4〜6片と少ないのですが、一粒一粒が大きいです。
さらに、粒が大きいだけではなく味も濃厚で甘味があり、栄養がぎっしり詰まった福地ホワイト六片種。

にんにくのよしだ家では、品質の高いにんにくを栽培する為に種にこだわり、毎年少しずつ新しい種を入れております。

にんにくの品種

【寒冷地型】
福地ホワイト(ふくちほわいと)
にんにく生産量日本一の青森県で生まれた品種。りん片の色が白く、大きいのが特徴。葉にんにく栽培にも適している。
【寒冷地型】
富良野(ふらの)
りん片は白色で、りん片数が12個前後と多く、一つのりん片は小さい。茎にんにく、葉にんにく栽培にも適している。
【暖地型】
上海早生(しゃんはいわせ)
りん片が赤褐色で、着色が強いのが特徴。茎にんにく、葉にんにく栽培にも適している。
【暖地型】
壱州早生(いっしゅうわせ)
りん片は白色で、りん片数が12個前後と多く、一つのりん片は小さい。茎にんにく、葉にんにく栽培にも適している。
【低緯度型】
沖縄早生(おきなわわせ)
寒冷地型や暖地型より早く収穫できる品種で、冬期間も成長を続ける。葉にんにくの栽培にも適している。
【低緯度型】
遠州早生(えんしゅうわせ)
寒冷地型や暖地型より早く収穫できる品種で、冬期間も成長を続ける。茎にんにく、葉にんにくの栽培にも適している。
【その他】
無臭にんにく
ジャンボにんにく
植物学的にはリーキ種であり、球の外観や品質の特徴を表現し、一般的に呼ばれているが本来はにんにく(ニンニク種)ではない。

返品期限
※次の場合は返品をお受けかねますので、ご了承ください。
  • 商品到着後2日を経過した場合
  • お客様の元での傷・破損が明らかな場合
  • 商品の性質上、お客様のご都合による返品
 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。 商品には、万全を期していますが、不良品や品違いの場合は、弊社負担とさせていただきます。 

  1. クロネコヤマト 常温便
  2. クロネコヤマト クール便(冷蔵)
  3. クロネコヤマト クール便(冷凍)
<同梱について>

冷凍便(おろしにんにくなど)の商品は、常温便、クール便と同梱できませんのでご注意ください。
また、常温品と冷蔵品をご購入の場合は、冷蔵品「クロネコヤマト クール便」として発送いたします。

【常温品】+【冷蔵品】→ 同梱可
【常温品】+【冷凍品】→ 同梱不可
【冷蔵品】+【冷凍品】→ 同梱不可

※送料についてはこちらをご覧ください
> 配送・送料について

  1. 代金引換払い(ヤマト運輸)
  2. クレジット(クロネコwebコレクト)
  3. 代金後払い(コンビニ・郵便局・銀行)

※詳しくは特定商取引法に関する表記のページをご覧ください
> 特定商取引法